[DQ10] Ver4.2『狂鬼ドランド公』を倒しました – おおなんという・・・

[DQ10] Ver4.2『狂鬼ドランド公』を倒しました

どんどん行きます。
ストーリーって間を開けるとダレてしまうことがあるのよね。

※ネタバレ注意です。

狂鬼ドランド公


妙に凝ったダンジョンの奥で戦闘になる敵対国の王のなれの果て。
1300年もあるとはいえこの大陸にはいろんな国が興ったんですね。
・・・そしていっつもなんかの脅威に晒されてんな?

『エクゼリア王国』とやらもこの大陸にあったんだっけ?
滅びたという話だが関連するイベントはもう無いのかね。

特技・呪文

▼ためる
自身・強化・テンション1段階上昇

▼はげしいほのお
前方扇状・ブレス・炎属性
いつもの火吹き芸みたいな感じではなくかなり激しい。(´・ω・`)

▼はげしいおたけび
自身周囲・ダメージ・ふっとばし+ショック

▼飛翔拳
単体・ダメージ

▼轟雷拳
前方・ダメージ
移動により回避が可能。


昇りゅ・・・飛翔拳、1300年前から使い手がいたのか。
オーガの拳士に伝わる技なのか、ジーガンフも操られていたしゾンガロンが考えた技なのか・・・
まぁ前者だと思いたいかな。

パーティ構成


引き続き自分が魔法戦士、キラーパンサー、サポに戦士、僧侶という構成。
今回はスポット参戦でギルガラン王子が参戦。
職業『王子』って・・・

取り立てて危険な行動があったという感じもないし、耐性の考慮もいらないと思います。
構成を練るほどの相手ではないかなぁ。

▼ギルガラン
斧を扱う見た目通りの戦士タイプ。
バトマスのお兄さんといいNPCが妙に職業感出してきますね。

蒼天魔斬鉄甲斬真オノむそう真やいばくだきと攻撃技のみかな?
蘇生とか鼓舞とかサポート寄りは無いようだ。

感想等…


はげしいほのおといい轟雷拳といい派手な技を使うわりには
サポが軽く動く程度だし見た目ほどの判定は無いのかね?
そして見た目ほど強くもないボスであった・・・

スポット参戦のギルガランに関しては頼りになる・・・のかな?
妙にHPがあるサポ戦士が増えたと思えばまぁ・・・
だが蘇生がない分過信はできんなぁ。

あわせて読みたい